とばブログ

« « 2019 5月 » »
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

カテゴリー一覧

コラム一覧

塩蔵ワカメ体験

カテゴリ : 
知る
 2014年03月18日

 エミです( ´∀`)

海藻シリーズ第6弾!

第4弾からすべてワカメですが…

みなさま飽きずにご覧ください\(_ _*)

 

今回は、塩蔵ワカメ!

実際に答志島まるごと体験フェスタで

ワカメまるごと1本加工体験をしたり、

塩蔵ワカメを作っている風景を見てきました!

 

体験で使用したワカメの大きさにビックリ!!

 


 

私の身長より全然大きい(0;

50cm~2mほどの大きさになると知ってはいましたが…

 

下処理がしてあったものを使用したため

早速、湯通しへ(っ´∀`)

※後程、下処理の説明はします!

 

 

 

ぐつぐつしている釜へ

 

 

 

どーん!!茎の部分をしっかり持って、ぐるぐるっと。

すぐに葉の部分が緑色になるので、さっと釜からあげます。

 

さっと冷たい水に通して

 

 

 

お待ちかねの塩タイムです!笑

 

塩を振って~

 

 

 

しっかりと揉みこみます。

もみもみ…

 

 

揉めば揉むほど水分が出てくる!!

大きかったワカメがどんどんと小さくなりました!

 

こうして出来上がったものを持ち帰りましたが

実際はもっと大きな機械を使用して

生産されています!

 

ということで!

和具浦港へ見に行ってきました~(^^)

 

 

 

漁港には沢山のワカメが!!

 

 

 

この機械で湯通しをするんですよ~。

上で湯に通して、下の冷たい海水の入った水槽で熱をとり

湯通しが終わったものがコチラ!

 

 

 

鮮やかな緑色(*´ω`*)

 

湯通しする前はこんな色なんですよ~!

 

 

 

こっちでは湯通しする前のワカメの下処理を

行っていました!

 

 

 

塩蔵ワカメの行程としては

 

①    沖でワカメを切り取る

②    茎を切り取る

葉先、クキ、メカブを切り離し、ブラシで汚れを取り除きます。

③    湯通し

④    塩もみ

和具浦漁港近くには納屋がたくさん並んでおり

ここで塩もみを行います。

塩もみがすんだワカメは2日間水槽に漬けられます。

⑤    中芯をとる

出荷前にクキの残りや細いシンを取り除きます。

⑥    箱・袋詰め

 

今の時期、和具浦漁港へ行くと②③の行程を見ることができ、

ワカメのいい香りが広がっています( ´∀`)

また、このワカメ作り風景は、環境省が認定する

「かおり風景100選」に選ばれているんです(`・ω・´)

 

 

 

あと、こんなものも発見!

 

 

 

干されたワカメの茎。

なんでも、塩蔵ワカメの茎を干して佃煮にするのが

おいしいんだとか☆

 

次回!ワカメシリーズラスト!!

鳥羽では「めーぶ」「めひび」と呼ばれよく食べられている

メカブの紹介♪

みなさま、お楽しみに~(っ´∀`)

  • 閲覧 (4065)