知る

  • 神社・仏閣
  • 歴史
  • 暮らし
  • 自然
  • 建造物・街並み
  • 産業
  • 芸術
  • 文学
  • 全て
  • 鳥羽
  • 南鳥羽
  • 離島
  • 全地域
  • ゆかたまつり(赤崎祭)
    あかさきまつり(ゆかたまつり)

    赤崎まつり(ゆかたまつり)

    地図

    鳥羽 暮らし

    伊勢神宮(外宮)の末社、赤崎神社の祭りで「赤崎さん」として親しまれている。神社では朝10時から神宮司庁の月次祭の神事が行...

  • 石鏡(いじか)神事
    いじかしんじ

    石鏡(いじか)神事

    石鏡 暮らし

    石鏡神社の境内で行われる弓引き神事で、一年の家内安全と豊漁を祈る伝統行事。石鏡の弓引き神事は八幡祭のご祭礼として行われ、...

  • 伊勢湾・志摩半島・熊野灘の漁労用具
    いせわん・しまはんとう・くまのなだのぎょろうようぐ(くにのじゅうようゆうけいみんぞくぶんかざい)

    伊勢湾・志摩半島・熊野灘の漁労用具(国の重要有形民俗文化財)

    浦村 暮らし

    海の博物館が昭和44年以降、鳥羽志摩をはじめ伊勢湾からに熊野灘に至る、県下1000メートルにおよぶ沿岸市町村を調査し収集...

  • 煎海鼠(いりこ)干し
    いりこぼし

    煎海鼠(いりこ)干し

    鳥羽 暮らし

    寒風が身を刺すようになると、煎海鼠(いりこ)干しが始まる。煎海鼠は、海鼠(なまこ)を茹でて干したもので、中国料理の高級食...

  • うらむらのてんのうさい(きゅう6がつ14か)

    浦村の天王祭(旧6月14日)

    浦村 暮らし

    浦村の鎮守社は、熊野権現を祀り、ゴンゲンサンと呼ばれる。2艘の船に神座をしつらえ、幕を張りめぐらし鐘・太鼓の囃子でゴンゲ...

  • 鯨祭り(7月中旬)
    おうさつてんのうくじらまつり

    相差天皇くじら祭

    地図

    相差 暮らし

    海上安全や大漁を祈願する祭りで、毎年7月14日に開催。平成元年から始められたが、年と共に規模が拡大し、今では南鳥羽地域あ...

  • 奥河内の棚田
    おくこうちのたなだ

    奥河内の棚田

    河内 暮らし

    河内川にそって今も棚田が連なる。かっては、養蚕も盛んに行われた。

  • 御船祭り
    おふなまつり

    御船祭り

    地図

    松尾 暮らし

    青峯山正福寺は、海上守護の霊峰としてこの地方を始め、全国各地の漁業者の信仰を集めている。毎年旧歴の1月18日に行われる御...

  • おやとりことり(11がつげじゅん)

    親取り子取り(11月下旬)

    松尾 暮らし

    松尾町には同族関係とは別に、年齢階層的制度が存在している。公会と呼ばれるもので、地下の男性を年齢階層により、寄老会、中老...

  • 鏡石
    かがみいし

    鏡石

    神島 暮らし

    白蛇の墓の近くに鏡石と呼ばれる大きな石がある。今では、近づいて見る人もいなくなったが、昔は島の女達に大切にされていた。現...

  • かずきくだり(2がつ16にち)

    潜(かず)き下り(2月16日)

    石鏡 暮らし

    海女の潜り始めに当たって、海の神様八代竜(女)神にモチやお酒をお供えする行事をする。

  • かたこのしょうろうぶねおくり

    堅子(かたこ)の精霊舟送り

    堅子 暮らし

    8月20日、麦わらで編み造った北前船形の念仏丸に人形6人を乗せて鉦・太鼓で海に流す。精霊舟を先頭に、堅子の人々総出で、浜...

  • かみしま潮騒太鼓
    かみしましおさいだいこ

    かみしま潮騒太鼓

    神島 暮らし

    島の子供達はおおらかで明るい。島には数多くの年中行事が今に伝えられているが、子供達はその祭事の一翼を担い、地域文化を次の...

  • くじらいしでんせつ(くじらのせにのったかんのんさま)

    鯨石伝説(鯨の背に乗った観音さま)

    相差 暮らし

    鯨崎の突端の断崖の下に鯨石というのがある。奈良時代、一頭の鯨が1寸8分の黄金の観音像を背中に乗せて泳ぎより、男が観音像を...

  • くわがたおどり(4がつしょじゅん)

    鍬形踊り(4月初旬)

    岩倉 暮らし

    毎年九鬼岩倉神社の春期大祭の時、五穀豊饒を祈って行われる。烏帽子姿で荒むしろの上で、一年中の稲作りの所作を行い、田楽に合...

  • ゲーター祭
    げーたーさい(みえけんしていじゅうようぶんかざい しょうわ52ねんしてい)

    ゲーター祭(三重県指定重要文化財 昭和52年指定)

    地図

    神島 暮らし

    大晦日の宵から元旦未明に及ぶ八代神社の祭りである。大晦日の夜にグミの木を用い、太さ15㎝、直径2m程の輪を作り、白紙で包...

  • コウナゴ干し・チリメン干し
    こうなごぼし・ちりめんぼし

    コウナゴ干し・チリメン干し

    答志 暮らし

    和具浦漁港には、島内外からコウナゴやジャコが水揚げされる。コウナゴは生のまま出荷されるものもあるが、大半は島内で釜揚げや...

  • 塩ワカメづくり~かおり風景100選
    しおわかめづくり~かおりふうけい100せん

    塩ワカメづくり~かおり風景100選

    地図

    答志 暮らし

    2月から4月の間、島の特産品である塩ワカメをつくる風景を目にすることができる。和具浦漁港に並べられた数十基の大きな釜から...

  • 獅子舞(1月5日)
    ししまい(1がつ5か)

    獅子舞(1月5日)

    相差 暮らし

    獅子と天狗が家内安全と繁栄を願い、笛・太鼓にあわせて町内を朝早くから練り回る。江戸時代から続いていると言われている。夜の...

  • 志摩加茂五郷の盆祭行事
    しまかもごごうのぼんさいぎょうじ

    志摩加茂五郷の盆祭行事

    松尾 暮らし

    加茂五郷(船津、河内、岩倉、松尾、白木)が共通の墓地であった隠田が岡で行っていた盆祭行事。明治時代に墓地が各地に分散した...

  • しろんご祭り (7月11日)
    しろんごまつり(7がつ11にち)

    しろんご祭り(7月11日)

    地図

    菅島 暮らし

    毎年7月11日に行われ、700年程昔菅島に現れた白蛇を竜神の使いとあがめて、大漁と海上安全を祈願したのが始まりとされてい...

  • 洗米石
    せんまいいし

    洗米石

    地図

    堅子 暮らし

    古くから海上輸送が盛んだったこの地では、今も洗い米を供え航海の無事を祈るなごりがある。

  • たいのしま

    鯛の島

    神島 暮らし

    海図には鯛島礁と記される。神島沖の南約7㎞、菅島の東沖約7㎞の付近で、水深約20m。海底は、南北に約2.5㎞、東西に約2...

  • タコツボ漁、たこ釣漁
    たこつぼりょう、たこつりりょう

    タコツボ漁、たこ釣漁

    神島 暮らし

    かってはタコガメ漁だけで生活ができると言われるほど、タコ漁業が盛んであった。鮹漁は、年間を通じて行われるが、最盛期は麦が...

  • つごもおくり

    つごも送り

    浦村 暮らし

    麦わらでつくった船に人形を乗せて町中をまわったあと、沖に流す。

  • てんのうさい

    天王祭

    浦村 暮らし

    熊野権現を祀っている浦神社に、たくさんの提灯をつけた船に神座をしつらえ、囃子などを奉納する。花火大会も行われる。

  • でんせついじかじま

    伝説石鏡島

    石鏡 暮らし

    海上に突き出た小島の中央には大きな洞窟があって、その洞窟を通して日の出が望めるようになっていた。海上に朝日がさし昇るとき...

  • 答志島まるごとフェスタ
    とうしじままるごとふぇすた

    答志島まるごとフェスタ

    答志 暮らし

    大漁・海上安全を祈願する八幡まつりに合わせたイベント。島内ウオーキングや、塩ワカメづくり、干物づくり、貝紫の染色体験など...

  • 魚魚まつり
    ととまつり

    魚魚まつり

    鳥羽 暮らし

    五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の旅が体験できる観光地を目指して、毎年、近鉄鳥羽駅前で開催される。地元であがる鮮魚類...

  • 鳥羽春祭り
    とばはるまつり

    鳥羽春祭り

    地図

    鳥羽 暮らし

    鳥羽の春祭りは400年近く連綿と続くお祭で、現在は大山祇神社の氏子である4町(中之郷、錦町、横町、藤之郷)と賀多神社を奉...

  • 鳥羽ビルフィッシュトーナメント大会(7月上旬)
    とばびるふぃっしゅとーなめんとたいかい(7がつじょうじゅん)

    鳥羽ビルフィッシュトーナメント大会(7月上旬)

    鳥羽 暮らし

    鳥羽湾を基地に、カジキマグロ釣りを競うマリンスポーツイベント。2日間。平成9年から始まった。

1 2 次へ