知る

戻る

弘法井戸と弘法伝説

こうぼういどとこうぼうでんせつ

  • 弘法井戸と弘法伝説

  • 鳥羽
  • 神社・仏閣

鳥羽4丁目藤の郷、住宅の密集する辺りに川(ほとんどが暗渠になっているが)があり、その流れが海方向に曲がるところに、今も清水が湧く弘法の井戸がある。近年史跡保存のためここに祠が作られ、地蔵が祀られた。弘法の由来について『鳥羽志摩の民俗』によると、「藤の郷川べりの奥谷の入り口に弘法水と称ぶ清水湧きてあり.旱天のときでもこの水涸るることなく、常に近傍の民家の用水となっている.弘法大師、この場所に杖を突き刺して去って後、清水噴出するに至ったといい伝えられている。」とある。また、付近の玉栄山正徳院という寺の庭前に弘法の井というのがある。