楽しむ

戻る

  • 生浦湾のカキ養殖

    images/p-07-kaki_yousyoku.jpg

    生浦湾のカキ養殖
  • 生浦湾のカキ養殖

    images/p-07-kaki_yousyoku2.jpg

    生浦湾のカキ養殖

  • 生浦湾のカキ養殖

  • 浦村
  • ビューポイント
住所 浦村町本浦
TEL 0599-32-5111(浦村漁協)
アクセス 【交通機関】
鳥羽バスセンターからかもめバスにて約30分今浦下車すぐ
【車】
伊勢道伊勢ICから約30分
関連リンク パールロード

パールロードの入口付近、生浦湾にはカキ養殖の筏が多くみられる。
波静かな生浦湾の特色を生かして、かっては真珠養殖が盛んであったが、現在はカキ養殖が中心である。

鳥羽の牡蠣養殖は、この生浦湾でのカキ養殖から始まり、和具浦、小浜、安楽島、桃取、畔蛸、千賀堅子と広がっていった。その歴史は古く、戦前にまでさかのぼる。

鳥羽のカキは、広島県、宮城県などの出荷の始まる1~2ヶ月前の9月中旬から出荷され、東京・大阪などの各市場で高い評価を得ている。また、他県に比べて養殖期間も1年と短く品質も安定している。
浦村牡蠣のおいしさを知ってもらおうと、2月の中旬には「牡蠣の国まつり」が開かれる。牡蠣数万個が無料で提供されるほか、牡蠣の販売、牡蠣ご飯、牡蠣フライ、牡蠣の佃煮なども販売される。毎年、パールロードが渋滞するほど、沢山の人々が訪れる。