楽しむ

戻る

  • 鳥羽竜発見現場

    images/p-06-kyouryu.jpg

    鳥羽竜発見現場
  • 恐竜(鳥羽竜)化石発見場所

    images/p-06-kyouryu2.jpg

    恐竜(鳥羽竜)化石発見場所

  • 鳥羽竜発見現場

  • 安楽島
  • 名所・旧跡

http://park.geocities.jp/tobaryu08/index.html

住所 安楽島町
TEL 090-4790-0559
(鳥羽市教育委員会 生涯学習課内 鳥羽恐竜研究振興会)
FAX 0599-25-1263
(鳥羽市教育委員会 生涯学習課内 鳥羽恐竜研究振興会)
アクセス 【交通機関】
鳥羽バスセンターからかもめバスにて約20分エクシブ下車
バス停から徒歩約10分
【車】
伊勢道伊勢ICから約25分
体験メニュー 化石体験教室

鳥羽で発見されたので「鳥羽竜」という名がついた。足跡の実物大模型がある。

恐竜化石の専門家である、亀井節夫・冨田幸光・東洋一、それに中国の董枝明(ドン・ジミン)4氏によって、発掘段階では現在知られている恐竜の中で、マメンチサウルスに近い仲間として解釈されている。しかし、産出した地層の時代の差異「中国では中生代のジュラ紀後期(約1億5千万年前)、日本では白亜紀初期(約1億3千万年前)」と、地理的な差異「中国では陸部の湖沼域-日本では沿海部」などの理由から、「鳥羽竜」はマメンチサウルスに近いが、独立した別の科を設けて分類する必要があるのでないかと検討されている。
恐竜の名称については、詳細な学名や和名は分類上の位置が決まらないと付けられないので、それまでは(あるいは、それ以後も)鳥羽竜と愛称するならわしによっている。